読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらばんし仄聞記

南の国で引きこもってるWeb屋さん

KDEにて指定したvirtual desktop上にアプリケーションを自動起動

最近、メインマシンのOSをopenSUSEのTumbleweedに変えました。 デスクトップ環境はKDEを使用してます。バージョンは以下の通り。

$ kstart --version
Qt: 4.8.7
KDE Development Platform: 4.14.14
KStart: 4.14.12

以前使ってたバージョンでは、前回終了時に起動してたアプリケーションが次回起動時に元のvirtual desktop上で起動されてるのが良かったんだけど、なんか今回からそうなってはくれない。コンソールなんかはどうせ毎回確実に開くのに、逐一起動するのはめんどい。あとフルスクリーンにしたりと。

単純に、起動時に自動的にコマンドを実行させるには [System Settings] -> [Workspace] -> [Startup and Shutdown] から、Autostartに設定を追加してやればいい。

f:id:warabanshi21:20151227151540p:plain

ただし、これだと何処のvirtual desktopに起動するかは指定出来てないので、適当な所に起動されてしまう。それに、通常のwindowで開かれるので、full screenにしたりするのまだめんどい。

この問題を解消するにはコマンド部分を修正して、kstart経由で実行すると良い。

$ kstart --desktop 1 --fullscreen konsole

こんな感じ。これを先ほどのcommandフォームに指定してやればOK。

参考:autostart application on specific virtual desktop • KDE Community Forums